最近の疑問


おはようございます。てつです。

最近抱いている疑問。

エスプレッソって難しいですね。
今でも神秘です。

エスプレッソマシンの特徴ってなんでしょう。
ドーシングしてレベリングしてタンピングしたポルタフィルターをはめてボタンを押せばそこからはマシンなので常に一定の抽出をしてくれる。

そんな風に考えていました。

だけど最近「じつは違うよな」と思うようになっています。

というのも、
粉をどれだけ詰めているかによってポルタフィルターの中を通過するお湯の動きが変わるはずだからです。

極端なことを言うと、
2ショット分のバスケットに10gしか詰めなかった場合と、
20g詰めた場合とでは確実に抽出効率変わりますよね。

10gしか詰めなかった方はシャワーヘッドから粉の表面までの距離が比較的しっかりあるので、お湯が粉に設置するときのインパクトがあります。
なので、おそらく、タンピングされて固まっていた粉は崩れて、ぐちゃぐちゃになります。
要検証ですが。

「で、それがなんなの?」
という話なんですが、

私は最近(豆にもよるが)エスプレッソの粉量と抽出量には最適比率というものがあるはずと考えています。
たとえば、最適比率が2倍だとしたら、20gつめて40g抽出すればよくて、
同様に、22g詰めたら44g抽出すれば良い。

だけど、前述の通り、10gだったら同じように抽出されるはずがないので、
10gつめたら20g抽出すれば良い、という結論には至りません。

でもこれは、最適比率は存在しない、ということにはなりません。

コーヒーの抽出は美味しい部分だけをいかに取り出すか、に尽きると考えています。
美味しくない成分を感じるコーヒーが作れたらもう少し早く抽出を終える、
美味しい成分しかないけどなんだか弱ければもう少し抽出してあげる。
つまり、最適な抽出すべき量(最適比率)があるはずなんです。

そこで、考えました。

エスプレッソにおいてマシンは粉量によって抽出が変わるのであれば、
「最適な粉量」があるはず、と。

使用しているエスプレッソマシンやポルタフィルターによりますが、
それぞれが最適に抽出される状態の粉量があり、
それさえわかれば、あとは使用する豆に合わせた「最適な抽出量」を探ればよいのです。

スッキリした。

あとはメッシュ調整をしてあげればいいんですね。
そこが難しい問題っぽいけど(´_ゝ`)

今日も今日とて独り言にお付き合いくださり、
ありがとうございました。
殴り書きなのでおかしなところも(ry